就活と資格の話
就活資格ガイドは志望業界へのエントリーのための就職活動や将来に役に立つ資格や資格の概要などを案内しています

個人情報保護士

個人情報保護士とは 個人情報保護士とは、個人情報保護法の正しい理解と個人情報の概念、利用制限、情報の安全確保、リスク、保護対策などを体系的に理解し、実際の事業活動に支障なく管理・運営・活用を行なえる知識・能力をもつ人材を認定する資格です。
活かせる仕事 顧客・社員の個人情報を取り扱うあらゆる企業
主催団体 (財)全日本情報学習振興協会
受験資格 学歴、年齢等に制限はありません。
年間受験機会 6月、9月、12月、3月
受験料 10,500円
出題科目
課題 出題内容
T .個人情報保護の総論
(200点)
個人情報保護法の背景と取り組み (1)個人情報保護法の歴史
(2)個人情報に関連する事件・事故
(3)各種認定制度
個人情報保護法の理解 (1)個人情報の定義と分類
(2)個人情報取扱事業者
(3)条文に対する知識と理解
II .個人情報保護の対策
(300点)
リスク分析 (1)脅威と脆弱性に対する理解
組織的・人的セキュリティ (1)組織体制の整備
(2)人的管理の実務知識
情報システムセキュリティ (1)技術的管理の実務知識
オフィスセキュリティ (1)物理的管理の実務知識
会場 東京、札幌、函館、仙台、福島、千葉、埼玉、横浜、静岡、名古屋、
津、京都、大阪、神戸、岡山、広島、松江、福岡、鹿児島、沖縄
申込方法 インターネット http://www.joho-gakushu.or.jp/web-entry/siken/
郵送 https://www.joho-gakushu.or.jp/request/
※詳しくは協会HPをご確認下さい。
申込可能期間 6月試験(2月中旬〜4月下旬頃まで)、9月試験(5月中旬〜8月上旬頃まで)、
12月試験(8月下旬〜11月上旬頃まで)、3月試験(11月中旬〜2月上旬頃まで )
資格区分 国家試験
関連する資格 行政書士簿記検定秘書技能検定日本漢字能力検定防災危機管理者防災士危険物取扱者eco検定知的財産管理技能検定ビジネス著作権検定

ページの上部にもどる