就活と資格の話
就活資格ガイドは志望業界へのエントリーのための就職活動や将来に役に立つ資格や資格の概要などを案内しています

診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務能力認定試験のためのわかりやすい取得基本情報を説明します。

診療報酬請求事務能力認定試験とは 健康保険に係る「診療報酬明細書(レセプト)」の作成や、健康保険の点数の計算を主に行います。計算能力が必要なのはもちろんのこと、医療に関する専門的知識が求められます。
診療報酬請求事務を正しく行うのに必要な能力を認定する資格です。
診療報酬事務は日本全国で仕事内容が基本的に同じですので、全国どこでも活躍ができる資格です。
資格を活かせる仕事 病院や診療所などの各種医療機関や調剤薬局、
医薬品会社、医療事務機器開発メーカーなど
資格取得までの平均的な期間 3〜6ヶ月
学習方法 独学
主催団体 (財)日本医療保険事務協会
出題範囲 「医科」と「歯科」に分かれており、いずれかを選択した上で「学科」と「実技」が行われます。
【学科試験】
・医療保険制度等
・公費負担医療制度の概要
・保険医療機関等
・療養担当規則等の基礎知識
・診療報酬等
・薬価基準
・材料価格基準の基礎知識
・医療用語および医学
・薬学の基礎知識
・医療関係法規の基礎知識
・介護保険制度の概要

【実技試験】
・診療報酬請求事務の実技
受験資格 学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません。
年間受験機会 年2回
実施月 7月中旬頃
12月中旬頃
申込期間 協会から届いた願書に申込期間の案内があります
試験時間 13:00〜16:00
受験料 7,500円 (税込)
資格区分 民間資格
その他注意事項  
関連する資格 保険請求事務技能検定医療事務技能審査試験歯科助手調剤薬局事務
独学派 診療報酬請求事務能力認定試験

 

 

♪女性向け、職場閲覧注意、プライベート空間で閲覧してください(*^.^*)

 

 

ページの上部にもどる