就活と資格の話
就活資格ガイドは志望業界へのエントリーのための就職活動や将来に役に立つ資格や資格の概要などを案内しています

歯科助手

歯科助手資格取得のためのわかりやすい取得基本情報を説明します。

歯科助手とは 歯科助手とは、歯科医の行う治療行為を補助する人たちの事を言います。

日本の法律では歯科診療補助は歯科衛生士法に基づき歯科衛生士と、一部の業務を除いて看護師にしか許されておらず、歯科助手が行うことは出来ません。
主な業務内容としては、受付業務、患者の誘導、治療の準備、診療介助(器具の清掃・準備、患者の介添、石膏などの練和、)、片付け、会計などを行います。
歯科助手事務は日本全国で仕事内容が基本的に同じですので、全国どこでも活躍ができる資格です。

資格を活かせる職場 歯科医院、医薬品会社、医療事務機器開発メーカーなど
学習方法 (1)乙種第二 (40時間程度の主に診療室内の仕事に関する講習)
(2)乙種第一 (52時間程度の主に事務的な仕事に関する講習)
(3)甲種 (400時間 更に高度な講習)
主催団体 日本歯科医師会
受験資格 なし
年間受験機会
受験料
申込期間
各都道府県で異なるため、確認が必要です
事前に都道府県歯科医師会へ直接問い合わせることをお勧めします。
資格区分 日本歯科医師会認定歯科助手資格制度
その他注意事項 歯科助手の資格を認定している団体は複数ありあます。それぞに学習方法や資格取得方法に違いがありますので、確認が必要です。
(1)歯科助手資格認定制度  【主催団体】日本歯科医師会
(2)歯科医療事務管理士 【主催団体】(株)技能認定振興協会
(3)認定歯科助手 【主催団体】NPO 医療福祉情報実務能力協会
(4)歯科助手検定 【主催団体】医療福祉教育振興グループ
関連する資格 保険請求事務技能検定診療報酬請求事務能力認定試験医療事務技能審査試験
通信講座 生涯学習のユーキャン

 

 

♪女性向けおすすめ商品、職場閲覧注意、プライベート空間で閲覧してください(*^.^*)

 

 

ページの上部にもどる