就活と資格の話
就活資格ガイドは志望業界へのエントリーのための就職活動や将来に役に立つ資格や資格の概要などを案内しています

福祉業界に就職したい

シルバー世代がますます多くなる日本。高齢化社会に伴い、福祉産業へ優秀な人材を求める声を多く聞きます。
お年寄りのため、お年寄りの家族のために役に立つ仕事を目指してみませんか?

ここで目指す仕事 総合職(企画、運営、営業)
どんな仕事? 法人(会社)の方針に従い老人介護施設や老人ホーム、介護マンションなどで、スタッフの管理やホームの運営にあたります。また、本部で新規出店や入居者募集活動、入居者のためになる企画立案などを行います。
大手の運営会社になればなるほど、現場のスタッフと同様に運営スタッフの活躍も重要になってきます。
主な就職先 介護付有料老人ホームを運営する会社、病院、福祉法人、不動産会社
取得したい資格 総合職(企画、運営、営業)では資格の必要性は高くありませんが、現場のスタッフの気持ちや介護するお年寄りのことを理解するために資格を取得しておくと評価は高くなるでしょう。

ホームヘルパー
高齢者や障害者の家庭を訪ね、身体の介護や家事サービスを行うことができる能力を証明する資格です。

資格取得情報へ

サービス介助士
高齢者や障害のある方が、安心して社会参加できる環境を整えるために、お迎えする側がさまざまな人を受け入れるために必要となる「おもてなしの心」と「安全な介助技術」を学ぶ資格です。

資格取得情報へ

福祉住環境コーディネーター
福祉と建築の両方の知識を持ち高齢者や障害者などの要介護者の住宅改修などの知識が問われます。

資格取得情報へ

介護福祉士
身体上・精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある人の心身の状況に応じた介護を行い、その人や介護者に対して介護に関する指導を行う専門職の国家資格です。

資格取得情報へ

ページの上部にもどる